賃金について今後、現金にて直接支払ってもらいたいのですが、可能でしょうか。

使用者からの賃金の支払いについては、法律上通貨払いの原則が定められております。

そして、労働者の同意がある場合などには、労働者の指定する口座に振込する方法による賃金の支払いも適法とされています。

通常は、就業規則などにより労働者の同意があるとされ、就業規則の適用される当該事業場における労働者については、賃金の支払いは、口座振込の方法によることとされることが多いと思われます。

したがって、ご相談のケースの場合、当然には、使用者である会社に賃金の支払方法の変更を請求することはできませんが、会社との協議及び契約等を経れば、今後、口座振込による支払方法ではなく通貨による支払いが可能になることもあるでしょう。

よくある質問の最新記事

労働問題の初回無料相談受付中! 048-940-3971 受付時間 平日 9時~22時 土曜 10時~18時 メールでのご予約はこちら