長時間労働を強いられている

「決められた労働時間を超えて長時間残業しているのに、適正な残業代が支払われていない!」

労働者の皆様の中には、このような不満を抱えられている方が少なくないと思います。もっとも、現実的には、ご自身が勤めている(あるいは勤めていた)会社に対して金銭を請求するのは気がひける、という方もいらっしゃるでしょう。

しかし、残業代は、長時間にわたって労働したことの対価であり、適正な残業代を支払ってもらうことは、法律で認められた労働者の権利です。泣き寝入りをする必要はありません。

会社から、「固定残業代を支払っているから残業代は支払わない」「年俸制だから残業代は発生しない」といった説明を受け、自分は残業代を請求できないと考えている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、こうした会社の主張が法的には正しくなく、実は残業代の請求が可能、というケースも多くあります。

一方で、残業代を含めた賃金の請求権は、支給日から2年間のうちに請求を行わないと、時効により消滅してしまいます。請求するかどうか迷っているうちに、時効期間が過ぎてしまって請求ができない、ということもあり得ます。

そのため、長時間労働を強いられていて、残業代の請求をお考えの方は、まずは当事務所にご相談ください。残業代の請求ができるかどうか、会社の反論が有効なのかといった見通しはもちろん、請求を行う上で、どのような証拠が必要となるのか、証拠をどのように集めればよいかについてもアドバイスをさせていただきます。

また、残業代の問題に限らず、長時間労働を強いられている状況を変えたい、といったご相談にも、個々の状況に応じたアドバイスをさせていただきます。

初回相談は30分無料です。お気軽にお問合せください。

労働問題のよくあるお悩みの最新記事

労働問題の初回無料相談受付中! 048-940-3971 受付時間 平日 9時~22時 土曜 10時~18時 メールでのご予約はこちら