セクハラとはどのような状態をいうのでしょうか。セクハラの被害にあった場合、どのような請求ができるのでしょうか。

セクハラとはどのような状態をいうのでしょうか。また、セクハラの被害にあった場合、どのような請求ができるのでしょうか。

一般に、セクハラとは、セクシャル・ハラスメントの省略用語であり、相手方の意に反する性的言動のことを指します(職場におけるセクシャルハラスメントとは、事業主が職場において行われる性的な言動に対するその雇用する労働者の対応により当該労働者がその労働条件につき不利益を受け、又は当該性的な言動により当該労働者の就業環境が害されること(平成18年10月11日厚労告615号))。

職場におけるセクハラ被害が生じた場合、労働者としては、使用者に対し損害賠償請求(債務不履行や不法行為)を行うことが可能な場合があります。

もっとも、損害賠償請求を行うためには、法律上、損害賠償請求ができるための要件を備えなければなりませんので、セクハラ行為にあったとしても、それによって直ちに損害賠償が請求できるわけではありませんので、注意が必要です。

セクハラ行為にあった場合、それがセクハラ被害として、法律上損害賠償請求ができるケースか否か判断するためには、法律に関する専門的知識、経験が必要になりますので、まずは弁護士に相談することをお勧め致します。

よくある質問の最新記事

労働問題の初回無料相談受付中! 048-940-3971 受付時間 平日 9時~22時 土曜 10時~18時 メールでのご予約はこちら