当社では、営業職の社員について、給料の一部に歩合給を採用しようと考えています。歩合給がある営業職の残業代は、どのように計算するのでしょうか。


 
 成果に応じて金額が決まる歩合給を採用した場合でも、労働基準法の適用が除外される労働者でない限り、残業時間に応じて割増賃金を支払う必要があります(労働時間が長時間となったことで歩合給が増えたとしても、割増賃金を支払ったことにはなりません)。ただし、歩合給の場合における残業代計算方法は、通常の固定給の場合とは少し異なります。

 例えば、固定月給制の場合の残業代は、月給賃金の額を1か月当たりの「所定労働時間」(就業規則や雇用契約で定められた労働時間)で割った金額を時間単価として、時間単価×残業時間×125%(1日8時間または1週40時間を超える場合、深夜早朝・休日労働は除く)として計算するのが原則です。

 一方、歩合給の場合の残業代は、歩合給部分の金額を、対象となる月の「総労働時間数」(実際の労働時間)で割った金額を時間単価として、時間単価×残業時間×25%で計算されます。

 このように、時間単価や割増率の算定方法が異なるのは、月給制の場合、残業した分の労働は月給賃金では評価されていないのが通常であるのに対し、歩合給の場合は、時間を延長して労働したことによって成果も上がっている面があり、時間単価に相当する部分は、既に歩合給の中で評価されているといえるためです。

 なお、固定給と歩合給が併存している場合には、それぞれ別々に残業代を計算することになります。


    


 

ご相談メニュー


労働者側専用 労務問題はお早めにご相談ください

  • 残業代を請求したい
  • 不当解雇された
  • セクハラ・パワハラにあった
  • 労働災害にあった

使用者側専用 労務問題はお早めにご相談ください

  • 残業代を請求された
  • 解雇したい
  • 労基署から調査の連絡が入った
  • 団体交渉をされた

 

048-940-3971│労働問題に関する相談受付中! どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

TOP  ●事務所紹介  ●弁護士紹介  ●弁護士費用  ●解決までの流れ

無料相談詳しくはこちら よくある質問集 弁護士とのスケジュールが合えば当日相談が可能です
Acccess Map

事務所サイトはこちら

jimusyo.png

交通事故についてはこちら

koutsuujiko.png

 

離婚についてはこちら

rikonn.jpg

 

相続についてはこちら

souzoku.jpg

 

債務整理についてはこちら

saimuseiri.png

 

自己破産についてはこちら

jikohasann.jpg

 

個人再生についてはこちら

kojinnsaisei.png

 

住宅ローンについてはこちら

jyuutakuro-nn.png

 

法人破産についてはこちら

houjinnhasann.jpg

 

企業法務についてはこちら

kigyouhoumu.jpg

 

労働トラブルについてはこちら

roudou_banner

 

弁護士法人 江原総合法律事務所ブログはこちら

blog_banner