会社から、「業績が悪化しているので、賃金を4割カットさせてもらう。応じてもらえないのであれば、申し訳ないが辞めてもらうことになる」と強く言われたため、賃金カットに同意してしまいました。会社の経営状態がそんなに悪いとも思えないのですが、一度同意してしまったらもう撤回はできないのでしょうか。


 
 就業規則によらずに、賃金の減額など、労働条件を労働者の不利益に変更するためには、「労働者の同意」が必要であり、「労働者の同意」がないままなされた労働条件の不利益変更は無効です。
 
 そして、このような場合の「労働者の同意」については、「労働者の自由な意思に基づいてされたものと認めるに足りる合理的な理由が客観的に存在する」必要があるとされています。
 
 すなわち、労働条件を変更する必要性や、変更によって労働者がどのような不利益を受けるのかについて、会社が十分な説明を行わず、あるいは虚偽の説明を用いて、一方的に労働者に同意を迫ったとしても、そのようにして得た同意には効力は生じないと考えるべきです。
 
 したがって、本件のようなケースで、賃金カットに同意してしまったとしても、必ずしも賃金カットを争えないということではありません。是非一度弁護士にご相談下さい。


 







ご相談メニュー


労働者側専用 労務問題はお早めにご相談ください

  • 残業代を請求したい
  • 不当解雇された
  • セクハラ・パワハラにあった
  • 労働災害にあった

使用者側専用 労務問題はお早めにご相談ください

  • 残業代を請求された
  • 解雇したい
  • 労基署から調査の連絡が入った
  • 団体交渉をされた

 

048-940-3971│労働問題に関する相談受付中! どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

TOP  ●事務所紹介  ●弁護士紹介  ●弁護士費用  ●解決までの流れ

無料相談詳しくはこちら よくある質問集 弁護士とのスケジュールが合えば当日相談が可能です
Acccess Map

事務所サイトはこちら

jimusyo.png

交通事故についてはこちら

koutsuujiko.png

 

離婚についてはこちら

rikonn.jpg

 

相続についてはこちら

souzoku.jpg

 

債務整理についてはこちら

saimuseiri.png

 

自己破産についてはこちら

jikohasann.jpg

 

個人再生についてはこちら

kojinnsaisei.png

 

住宅ローンについてはこちら

jyuutakuro-nn.png

 

法人破産についてはこちら

houjinnhasann.jpg

 

企業法務についてはこちら

kigyouhoumu.jpg

 

労働トラブルについてはこちら

roudou_banner

 

弁護士法人 江原総合法律事務所ブログはこちら

blog_banner