業務上の事故によって負傷し、労災を利用して治療を行ってきましたが、事故から1年が経ち、治療費や休業補償の支給については打ち切りとなりました。 その後、後遺障害が認められ、一定の金額が労災から支払われることにはなりましたが、現在も痛みが残り、精神的苦痛を感じています。 そもそもの原因は会社の安全管理体制の不備にあったと思うのですが、会社に対して賠償を請求することはできるのでしょうか。


 
 事業主は、労働者に対して、その生命及び身体を危険から保護するよう配慮すべき義務(安全配慮義務)を負っています。労働災害について、事業主に「安全配慮義務」違反があれば、事業主に対して損害賠償を請求することができます。

 労災保険では、傷害を負い治療を強いられたことや後遺症が残ったことに対する精神的損害(慰謝料)については、補償の対象外とされていますので、事業主に対する損害賠償として請求していくことになります。
 また、労災保険では、治療費、休業損害の6割、将来の逸失利益の一部など、損害項目の一部しか給付されませんので、実際の損害額と労災保険給付との差額についても、会社に対する損害賠償請求を行うことになります。
 なお、労災保険給付と損害賠償の両方を請求することは可能ですが、一つの労働災害に対して受け取ることができる金額は、実際の損害額を上回ることはできません(既払分については賠償額から調整されることになります)。
 また、労働者に一定の過失が認められる場合には、その分の過失相殺がなされます。

 労働者の立場で事業主と交渉をするのは、決して容易なことではないと思います。また、具体的な請求の方法については、法的に難しい問題も生じてきます。
 労働災害に遭われたら、まずは弁護士にご相談下さい。  










ご相談メニュー


労働者側専用 労務問題はお早めにご相談ください

  • 残業代を請求したい
  • 不当解雇された
  • セクハラ・パワハラにあった
  • 労働災害にあった

使用者側専用 労務問題はお早めにご相談ください

  • 残業代を請求された
  • 解雇したい
  • 労基署から調査の連絡が入った
  • 団体交渉をされた

 

048-940-3971│労働問題に関する相談受付中! どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

TOP  ●事務所紹介  ●弁護士紹介  ●弁護士費用  ●解決までの流れ

無料相談詳しくはこちら よくある質問集 弁護士とのスケジュールが合えば当日相談が可能です
Acccess Map

事務所サイトはこちら

jimusyo.png

交通事故についてはこちら

koutsuujiko.png

 

離婚についてはこちら

rikonn.jpg

 

相続についてはこちら

souzoku.jpg

 

債務整理についてはこちら

saimuseiri.png

 

自己破産についてはこちら

jikohasann.jpg

 

個人再生についてはこちら

kojinnsaisei.png

 

住宅ローンについてはこちら

jyuutakuro-nn.png

 

法人破産についてはこちら

houjinnhasann.jpg

 

企業法務についてはこちら

kigyouhoumu.jpg

 

労働トラブルについてはこちら

roudou_banner

 

弁護士法人 江原総合法律事務所ブログはこちら

blog_banner