私は、普段は東京本社勤務ですが、先日、出張のため佐賀市に行きました。出張先で業務終了後、その日泊まる予定の佐賀市内のホテルに向かう途中で、転倒して負傷したのですが、このような場合に労災は認められるのでしょうか。

 


 

 労災が適用される「業務災害」と認定されるためには、負傷について、「業務遂行性」(労働者が事業主の支配下にあること)と「業務起因性」(労働者が事業主の支配下にあることに伴う危険が現実化したと認められること)が認められることが必要です。  

 そして、出張中は、労働者は、その用務の成否や遂行方法等について包括的に使用者に責任を負っていること、一定の私的行為が行われるのが通常であることから、特段の事情のない限り、出張過程の全般について、事業主の支配下にある(「業務遂行性」がある)と評価され、「業務起因性」についても広く認められています。
 ただし、出張で命じられた用務外の目的で迂回順路を取る場合など、積極的な私的行為がある場合には、「業務遂行性」や「業務起因性」が否定されることがあります。  

 したがって、出張先で宿泊予定のホテルに向かう途中で負傷したようなケースでは、原則として労災として認められると考えられますが、例えば業務終了後に福岡の友人宅に遊びに向かう途中で負傷した場合には、労災とは認められないでしょう。


ご相談メニュー


労働者側専用 労務問題はお早めにご相談ください

  • 残業代を請求したい
  • 不当解雇された
  • セクハラ・パワハラにあった
  • 労働災害にあった

使用者側専用 労務問題はお早めにご相談ください

  • 残業代を請求された
  • 解雇したい
  • 労基署から調査の連絡が入った
  • 団体交渉をされた

 

048-940-3971│労働問題に関する相談受付中! どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

TOP  ●事務所紹介  ●弁護士紹介  ●弁護士費用  ●解決までの流れ

無料相談詳しくはこちら よくある質問集 弁護士とのスケジュールが合えば当日相談が可能です
Acccess Map

事務所サイトはこちら

jimusyo.png

交通事故についてはこちら

koutsuujiko.png

 

離婚についてはこちら

rikonn.jpg

 

相続についてはこちら

souzoku.jpg

 

債務整理についてはこちら

saimuseiri.png

 

自己破産についてはこちら

jikohasann.jpg

 

個人再生についてはこちら

kojinnsaisei.png

 

住宅ローンについてはこちら

jyuutakuro-nn.png

 

法人破産についてはこちら

houjinnhasann.jpg

 

企業法務についてはこちら

kigyouhoumu.jpg

 

労働トラブルについてはこちら

roudou_banner

 

弁護士法人 江原総合法律事務所ブログはこちら

blog_banner