会社から、急な転勤を命じられました。現在は、埼玉県の職場に勤務していますが、転勤先は大阪府です。会社からの転勤命令には従わなければならないのでしょうか。

 



これは、会社からの配転命令の有効性に関する問題です。

会社は、業務の必要に応じて、就業規則などに規定されている配転命令権を行使することができます。

もっとも、この配転命令権の行使について、たとえば、①会社と労働者の間の当初の労働契約によって、勤務地が限定されている場合や、②配転命令権の行使が濫用と評価される場合などには、その配転命令は法律上無効と解されますので、会社からの配転命令に従う義務は生じません。

ご相談のケースの場合、当初の労働契約の内容で勤務地を埼玉県に限定するなどの合意がある場合や会社が不当な目的を有し差別的取扱いを行う趣旨で転勤命令を出したような場合には、この命令は無効になると解する余地があります。

配転命令の有効性に関する問題は、専門的な法的知識が必要になる類型の問題ですから、一度、弁護士に相談するべきでしょう。

労働者側のよくあるご質問

1)業務中に会社の備品を不注意により壊してしまった場合


2)ボーナスが今年は支給されないとの通告がありました


3)会社からの転勤命令には従わなければならないのでしょうか


4)セクハラとはどういう状態をいうのでしょうか


5)賃金について今後、現金にて直接支払ってもらいたいのですが、可能でしょうか。


6)会社から突然、グループ会社へ出向するよう命じられました


7)勤務先会社から突然解雇を通告されました。私は、この解雇には納得していません。


8)勤務先会社に対して未払残業代を請求しているのですが、全く支払ってもらえません。


9)会社に就職してから、2か月が経過するのですが、これまで一度も給料が支払われたことがありません。 


10)新しい会社と労働契約を締結することになりました。契約書の内容について法律相談することは可能ですか


11)課長に昇格してから、管理職という理由で会社側から時間外手当として割増賃金の支払いがなくなりました


12)志望企業から内定をもらうことができましたが、内定をもらったからといって、安心してはいけないのでしょうか。



13)業界の景気が悪いからという理由で、勤務先の会社から、給料を月3万円も減額されてしまいました。


14)残業代が支払われないことについて、会社からは「業務委託契約を結んでいるのだから、あなたに残業代を支払う必要はない」と言われました。



15)退職後、会社に対して未払いの給料を請求したところ、「会社は破産したので給料は支払えない」と言われました。もう未払いの分については諦めるしかないのでしょうか。



16)残業代の未払いや社長のパワハラなどをめぐって、会社とトラブルになっています。あまり事を大きくしたくはないのですが、トラブルを解決する手段としては、どのようなものがありますか。



17)私は、営業回りで毎日長時間の残業をしていますが、会社からは、基本給のほかに、特別手当として基本給の10%相当額が一律に支給されているだけです。



18)業務中に怪我をしてしまいました。会社からは治療費は全額支払うと言われていますが、労災の申請はした方が良いのでしょうか。



19)毎日、会社の上司から、「早く会社を辞めてくれないか、退職届にサインしてくれ」と言われ続けているのですが、どうすれば良いでしょうか。退職届にサインをしてしまったら、もう撤回はできないのでしょうか。



20)会社から、人件費削減や業務成績の不良を理由にしつこく退職を求められたため、仕方なく、退職届にサインをしました。しかし、離職証明書や離職票では、「労働者の個人的な事情による離職」とされてしまっています。




21)私が勤めている会社には、就業規則があると聞いていますが、一度も目にしたことはありません。就業規則が作成されているのかどうかを確かめることはできるのでしょうか。自分達が一度も目にしたことのないような就業規則も有効なのでしょうか。




22)有給休暇を取ろうとしたら、上司から「どうして休まなければならないんだ。今は繁忙期で業務に支障が出るから、よっぽどの理由がなければ駄目だ。」と言われて拒否されました。その日はどうしても休みたいのですが、理由は言いたくありません。どうすればよいのでしょうか。




23)会社に残業代の支払いを求めたところ、「あなたは外回りの営業職だから、残業代を支払う必要はない」と言われました。本当にそうなのでしょうか。



24)私は、先々月、会社を退職しましたが、何度会社に催促しても離職票を送ってもらえません。そのため、雇用保険の手続ができずに困っているのですが、何とかならないでしょうか。



25)私は、現在妊娠しており、予定日が1か月後に迫っています。そこで、会社に産休を申し入れたところ、「そんな制度はない。休むのなら、辞めてもらう。」と言われました。このまま会社を辞めざるを得ないのでしょうか。




26)勤務先から解雇されました。解雇には納得できないので、解雇の有効性を争いたいのですが、会社に対して、どのような請求をすることができるのでしょうか。



27)勤務先から、親会社の不振により生産調整を行うので、1か月休んでくれ、その間は働いていないのだから給与はない、と言われました。 1か月間も給料をもらえないと生活に困るのですが、仕方ないのでしょうか。



28) 仕事中に怪我をしてしまったのですが、会社は労災の申請をしてくれず、健康保険を利用するように言われています。労災を認めてもらう方法はないのでしょうか。



29)ある会社の「正社員募集」という求人広告を見て応募し、面接を経てその会社から無事内定をもらったのですが、入社の際に渡された契約書には、6カ月間の有期雇用契約という記載がありました。このような求人広告と異なる契約の内容も有効なのでしょうか。




30)会社から解雇されました。解雇には納得がいかないですし、できれば今の職場で働き続けたいと思っているので、職場復帰を求めて解雇を争いたいのですが、預金があるわけではないので今後の生活を考えるととても不安です。どのように手続を進めるのが良いのでしょうか。




31)私が今度から勤務する会社では、成果に応じた完全歩合給制が採用されています。したがって、成果が出ない場合、全く給料が出ないということになるのですが、これは許されるのでしょうか。やはり、残業代は支払ってもらえないのでしょうか。




32)有給休暇は、全ての労働者に与えられた権利であると聞きました。私は、アルバイトとして5年ほど勤務しているのですが、私でも有給休暇を取得することはできるのでしょうか。



33) 私は以前からサービス残業を強いられており、その分の残業代を請求したいと考えています。しかし、私の会社にはタイムカードというものがありません。残業代請求は諦めるしかないのでしょうか。



34) 今の勤務先には新卒で正社員として採用されたのですが、入社以来、朝早くから夜遅くまで働かされ、上司のパワハラもひどく、心身ともに限界に来ています。一刻も早く会社を辞めたいのですが、会社に退職を申し出ても、会社は退職を認めてくれません。どうしたら良いのでしょうか。




35)私の会社では、12時から13時までが休憩時間とされています。ところが、電話受付の業務を担当しているのは私しかいないため、昼休みにかかってくる電話にも備えなければならず、事務室を離れることができません。 昼休み中も事務室を離れてはならないという指示を上司からされているわけではないのですが、電話に出なかったことで何か問題が発生した場合に、電話受付担当である私の責任になってしまうのが心配です。どうしたらよいでしょうか。







36)休職期間が満了し、体調が回復したので復職を申し出たのですが、勤務先からは「従前の業務ができるほど回復していない」と言われ、出勤を拒否されました。



37)私が勤務する会社の就業規則では、兼業は許可制とされており、会社の許可なく兼業をしていることが発覚した場合には、懲戒を行うことができると定められています。このような定めは有効なのでしょうか。


ご相談メニュー


労働者側専用 労務問題はお早めにご相談ください

  • 残業代を請求したい
  • 不当解雇された
  • セクハラ・パワハラにあった
  • 労働災害にあった

使用者側専用 労務問題はお早めにご相談ください

  • 残業代を請求された
  • 解雇したい
  • 労基署から調査の連絡が入った
  • 団体交渉をされた

 

048-940-3971│労働問題に関する相談受付中! どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

TOP  ●事務所紹介  ●弁護士紹介  ●弁護士費用  ●解決までの流れ

無料相談詳しくはこちら弁護士とのスケジュールが合えば当日相談が可能です
Acccess Map

事務所サイトはこちら

jimusyo.png

交通事故についてはこちら

koutsuujiko.png

 

離婚についてはこちら

rikonn.jpg

 

相続についてはこちら

souzoku.jpg

 

債務整理についてはこちら

saimuseiri.png

 

自己破産についてはこちら

jikohasann.jpg

 

個人再生についてはこちら

kojinnsaisei.png

 

住宅ローンについてはこちら

jyuutakuro-nn.png

 

法人破産についてはこちら

houjinnhasann.jpg

 

企業法務についてはこちら

kigyouhoumu.jpg

 

労働トラブルについてはこちら

roudou_banner

 

弁護士法人 江原総合法律事務所ブログはこちら

blog_banner