• HOME
  • 解決事例集
  • 労働者側1) 労働現場での死亡事故に関し、労災保険では填補されない損害について、使用者や、現場の元請業者を相手に損害賠償の訴訟を提起して賠償金を取得した事例

労働現場での死亡事故に関し、労災保険では填補されない損害について、使用者や、現場の元請業者を相手に損害賠償の訴訟を提起して賠償金を取得した事例

 


<概要>
 一人親方として現場で塗装業務に従事していた相談者の夫が、現場で発生したガス吸引事故が原因で死亡する労災事故が発生しました。
 労災の認定がなされて労災保険上の保険給付がなされましたが、慰謝料その他労災によっては填補されない損害について、相談者が直上の使用者、その上の元請業者に責任追及したところ、言を左右し明確な補償には応じようとはしませんでした。
 そこで、当事務所の弁護士が、死亡した労働者の妻と未成年の子どもから相談を受け、雇用者や元請けに対する損害賠償請求の依頼を受けることになりました。


<解決に至るまで>
 訴訟では、直上の使用者の主張は、「亡くなった労働者が一人親方であって自分は使用者ではない」あるいは「自殺である」と主張して責任を争ってきました。
 一方で元請業者も「当社が雇用していた人間ではないし、現場の事故について責任を負う立場ではない」と主張して責任の所在を争ってきました。

 そこで、当方では、刑事記録の閲覧・謄写をし、さらに事情を知る関係者にコンタクトを取って現場の状況や労働の実態を把握し、これの実態を主張立証することに務めました。
 直上の使用者に対しては、
 ①労働時間の拘束や 
 ②使用していた道具の所有者が使用者であったこと、
 ③その他身につけていた作業着の刺繍が使用者の名称であった点などを指摘し、
 雇用契約があったことは明らかであるし、自殺という主張にも理由がないことを主張立証しました。

 また、元請けに対しては、建設業法等の要求する現場の安全体制が確立されていなかったことや、実際には元請けの人間が直接相談者夫に対して指示をしていることもあったことを主張立証しました。

 その結果、当方の主張は認められ、使用者らに対しては連帯して数千万円の賠償を命じる判決が言い渡されました。

 その後、使用者、元請両者が控訴したため、事件は高裁へと移りましたが、高裁では元請けとの間では和解が成立し、相当額の和解金を分割で受領することになりました。

 これに対して、支払いが困難であるから破産をする等の主張をして和解に応じなかった使用者については、支払を命じる判決が言い渡されました。
 使用者は判決に従った支払に応じず、破産の申立もしませんでしたが、使用者が廃業後、勤務している先が判明したため、その給与を差し押さえることで継続的に支払をうけることになりました。

 
<ポイント>
・ 元請け、下請け、孫請け等、現場の管理者が複雑な形態になっている場合には直接の使用者以外にも労災についての責任を追求できる可能性がある。

・ 労災保険の補償によっては補填されない損害については、別途使用者らに請求できることもある。
 

ご相談メニュー


労働者側専用 労務問題はお早めにご相談ください

  • 残業代を請求したい
  • 不当解雇された
  • セクハラ・パワハラにあった
  • 労働災害にあった

使用者側専用 労務問題はお早めにご相談ください

  • 残業代を請求された
  • 解雇したい
  • 労基署から調査の連絡が入った
  • 団体交渉をされた

 

048-940-3971│労働問題に関する相談受付中! どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

TOP  ●事務所紹介  ●弁護士紹介  ●弁護士費用  ●解決までの流れ

無料相談詳しくはこちら弁護士とのスケジュールが合えば当日相談が可能です
Acccess Map

事務所サイトはこちら

jimusyo.png

交通事故についてはこちら

koutsuujiko.png

 

離婚についてはこちら

rikonn.jpg

 

相続についてはこちら

souzoku.jpg

 

債務整理についてはこちら

saimuseiri.png

 

自己破産についてはこちら

jikohasann.jpg

 

個人再生についてはこちら

kojinnsaisei.png

 

住宅ローンについてはこちら

jyuutakuro-nn.png

 

法人破産についてはこちら

houjinnhasann.jpg

 

企業法務についてはこちら

kigyouhoumu.jpg

 

労働トラブルについてはこちら

roudou_banner

 

弁護士法人 江原総合法律事務所ブログはこちら

blog_banner