賃金交渉

 経営不振などが理由で、従業員の賃金の減額の決断を検討されている企業様は、ご決断の前に弁護士へご相談いただくことをお勧めします。

 基本的には、会社が勝手に従業員の基本給や諸手当の額を減らすことは許されません。賃金は労働契約における重要な労働条件です。

賃金減額の対応方法として、
  1. 個々の労働者との合意
  2. 人事考課に基づく減額査定、降格
  3. 人事権に基づく配置転換に伴う減給
  4. 就業規則による賃金制度の変更や変更解約告知
  5. 懲戒処分としての減給、降格

合理的な理由で賃金減額を実施することがポイント
 従業員が合意さえしていれば、賃下げはできると考えられている経営者の方は多いと思われます。
 しかし、賃金の減額という不利益を、従業員が自ら甘受するのは、特別な事情がある場合です。

 そのため、既発生の賃金の放棄についてはもちろんのこと、将来の賃金の減額に関する
 同意についても、それが従業員の自由な意思に基づいてされたものであると
 認めるに足りる合理的な理由が客観的に存在することが必要です。

合理的な理由とは、
  • 賃下げを変更する必要性
  • 労働者の受ける不利益の程度
  • 労働者との話し合い・交渉の経緯、状況
  • 賃下げを避けるためにした実施した行為
などの点が含まれている場合です。

 弁護士が介入すると、経営者に代わって合意的な理由や従業員への合意をとる手段を代わって実施することが出来ます。

ご相談メニュー


労働者側専用 労務問題はお早めにご相談ください

  • 残業代を請求したい
  • 不当解雇された
  • セクハラ・パワハラにあった
  • 労働災害にあった

使用者側専用 労務問題はお早めにご相談ください

  • 残業代を請求された
  • 解雇したい
  • 労基署から調査の連絡が入った
  • 団体交渉をされた

 

048-940-3971│労働問題に関する相談受付中! どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

TOP  ●事務所紹介  ●弁護士紹介  ●弁護士費用  ●解決までの流れ

無料相談詳しくはこちら よくある質問集 弁護士とのスケジュールが合えば当日相談が可能です
Acccess Map

事務所サイトはこちら

jimusyo.png

交通事故についてはこちら

koutsuujiko.png

 

離婚についてはこちら

rikonn.jpg

 

相続についてはこちら

souzoku.jpg

 

債務整理についてはこちら

saimuseiri.png

 

自己破産についてはこちら

jikohasann.jpg

 

個人再生についてはこちら

kojinnsaisei.png

 

住宅ローンについてはこちら

jyuutakuro-nn.png

 

法人破産についてはこちら

houjinnhasann.jpg

 

企業法務についてはこちら

kigyouhoumu.jpg

 

労働トラブルについてはこちら

roudou_banner

 

弁護士法人 江原総合法律事務所ブログはこちら

blog_banner